男性ホルモン

 [シカゴ 12日 ロイター] 男性は父親になると男性ホルモンが低下し、生物学的に子育てに適応するようになることが、米ノースウエスタン大学が米国科学アカデミー紀要に発表した研究結果で明らかとなった。
 同大学の研究チームは、フィリピン出身の男性600人以上を対象に5年にわたり調査。調査当初に父親の人はいなかったが、その後に父親になると、少なくとも短期的には男性ホルモンであるテストステロンの減少がみられたという。
 研究を行ったリー・ゲトラー氏は、テストステロンの数値が高かった男性ほど父親になる確率が高かったが、いったん父親になると、その数値は大幅に減少したと指摘。「父親になり、新生児を迎えることは、多くの精神的・身体的な調整を必要とする。われわれの研究は、男性が生物学的に、そういった必要性に対応しようと実質的に変化しうることを証明した」と語った。
 シェフィールド大学のアラン・パーシー博士は、通常テストステロンの量はあまり変化しないとし、「年齢の経過などとともに徐々に減少することはあるが、家庭生活に応じて劇的に変化するとは興味深い」と語った。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
動物の命の重さ
ウサギの命
失業率
ランジェリー・バスケットボール
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 動物の命の重さ (2011-09-30 10:39)
 ウサギの命 (2011-09-21 08:34)
 失業率 (2011-09-19 18:47)
 ランジェリー・バスケットボール (2011-09-08 20:32)

2011年09月14日 Posted byスグル at 08:10 │Comments(0)ニュース

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
男性ホルモン
    コメント(0)